月別アーカイブ:2018年6月

英会話・英語 アミック ドイツ語講座その2

アミックのブログを見てくれてありがとうございます♪

前回に続いて今日もプチドイツ語をちらっと。

 

日本語でもよく聞く”アルバイト”。

これ、実は英語ではなくドイツ語に由来しております。

 

“Arbeit” eiでアイと読むドイツ語では、そのままアルバイトと読みます。

しかし、ドイツでアルバイトと言えば、正社員のことです。

フルタイムでの、仕事のことを指しますので、日本語での意味と少しずれがありますね。

 

また、英語の”work”にあたるアルバイトなので、”職”という意味の仕事意外にも、

It was such a hard work. のように、仕事量のことを指していたりもします。

ドイツ語でも同じです。 Es war sehr harte Arbeit.

 

ちなみにドイツ語でアルバイトのことは、mini jobといいます。

ミニ ジョブ。なんだかかわいいですね^^)/

投稿日:2018年6月19日

英会話・英語 アミック 新プログラム

こんにちは、アミックBlogを訪れてくださりありがとうございます♪

今日はキッズクラスのレッスンについてご紹介です。
大学入試改革や小学校の英語教育改革に対応すべく、Amicでも今春からレッスンプログラムが新しくなりました。4技能(読む・聞く・話す・書く)を総合的に学んで、使える英語が身に付くプログラムです。

教室からはいつも子どもたちの楽しそうな声が聞こえてきます。
英語をただだけでなく、英語で自然や科学など、色々なことを学んでいる様子!

こちらは、Animalについてのレッスンを終えた小学生たちの作品。
My favorite animal is~(私の好きな動物は~)と、その理由を書いています。

こちらのレッスンでは、nature(自然)について学んだようです。

園児クラスでは、こんな楽しそうなアクティビティも♪♪

バナナとビスケットを使ったTeddy Bear作りです。食べ物の名前や顔のパーツも、実際に作りながらだと英語が自然と出てきます。

レッスンについてもっと詳しく知りたい方、最寄りのスクールにお問い合わせください☆

教室案内

無料体験も随時受付中です!

無料体験レッスン

投稿日:2018年6月18日

英会話・英語 アミック Too and Very

Too and Very

Both too and very are intensifiers. They are used to make adjectives and adverbs stronger.

Very
When we use very, it’s not clear whether what we are describing is a good or a bad thing. 

  • The building is very old.

This could be a good thing: ‘the building is old and beautiful’. It could also be a bad thing: ‘the building is old and falling down’.

Too
When we use too, it means there’s a problem.

  • The building is too old.

This is a bad thing. The building is too old. It might fall down and could be dangerous.

投稿日:2018年6月16日

My Favorite World Cup Memory – 英会話・英語 アミック

The World Cup has always been a perfect mesh of two of my favorite things: sports and geography. Ever since I was little, the tournament’s ability to bring the world together for a month during the summer has captivated me. It may not always be the highest quality soccer, and some of the organizer’s behind-the-scene actions are shameful, but I simply can’t not watch.

Although this is the first World Cup in my lifetime that America hasn’t qualified for, I’ll still be following the tournament closely this summer. Even with their absence, previous US National Teams at the World Cup have given me some fond sporting memories I can always relive on YouTube until Qatar 2022 rolls around. 

Landon Donovan’s Equalizer Against Algeria (2010)

One of those came at the 2010 iteration of the tournament. A senior in college, I unfortunately had to work during the day of a pivotal match against Algeria: a loss or draw could eliminate the US from the tournament, whereas a win would potentially allow them to win their World Cup group for the first time since 1930. 

Since I couldn’t follow the game live, I recorded it on a VHS tape (remember those?) to watch later that evening. After managing to avoid finding out the result, I raced home to watch the game alone in my parents’ basement.

At about 70 minutes in the score remained deadlocked at 0-0. Right around then, my mom came downstairs with my childhood pet cat in her arms: Spice had not been doing well for some time, and my parents decided they were going to take her to the vet that evening and that I should say goodbye right then. I was upset of course in the way that anyone would be, but also at the timing of the whole situation, with my nerves already on edge from watching the match. 

Now awash with heartbreak on top of the emotions the match was already loading on me, I watched the minutes tick down apathetically, prepared for a heavy dose of sports disappointment. 

Then, in the final minute, this happened:

I hit the roof (figuratively and literally) out of pure ecstasy, a moshpit of one bouncing around the room. And for at least a little while, my heart didn’t hurt quite so bad. As cheesy as it sounds, the moment (and maybe Spice from the beyond?) made me feel that everything was going to be alright.

投稿日:2018年6月15日

Mood piece #1 英会話・英語 アミック

I often dust off tracks from whatever phase of my life to match the current mood I’m in or to try to feel a desired way by pulling myself into an atmosphere unlike the one I’m faced with. It’s the middle of the work week and while I do enjoy my job as a teacher, being this social for hours on end takes its toll on my introverted nature. So here I am picturing myself alone in this ancient grotto with moonlight shining in on soft moss before I really get today’s work started.

Joe

投稿日:2018年6月14日
各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業して以来、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで20年以上にわたり誠実に英語を教えて参りました。
最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP