月別アーカイブ:2018年11月

Crazy cat lady, reporting for duty! 英会話・英語 アミック

While I like all cute animals equally, cats hold a special place in my heart. I wouldn’t go so far as calling myself a crazy cat lady, more like a cat enthusiast. I love them despite their reputation of being mean-spirited (at times), independent, and scared of cucumbers. Maybe I love them in spite of all their so-called flaws.  Regardless, despite my lack of cats, my appreciation for cats also extends to their owners. Cat owners are da real MVPs. With the discovery of “animal labyrinth” videos, my appreciation for crazy cat people has increased twofold. Warning: adorable cats ahead:

Yay! Red-collar kitten won! WASN’T THAT CUTE?! My favorite part was the reverse playback so I could see just how wiggly the kitten was. What about you? Are you more of a dog person or are cats your number one animal?

投稿日:2018年11月20日

アミック生の活躍!

NEWS

重信校よりNewsです。
我らが重信校のホープ、Ayanaさん(高2)が参加した高校対抗のディベート地区大会で
Ayanaさんのグループが見事全国大会への出場権を勝ち取りました!
そしてなんと中でもAyanaさんがベストディベーター賞を受賞。万歳!!
更に同じ週にロータリークラブ主催の英語スピーチコンテストで3位に入賞するという快挙。
アミックの講師、スタッフも、いつも彼女の頑張りを見ていたとはいえ、うれしい驚きです。

素晴らしい賞を見事勝ち取ったAyanaさんにインタビュー。

 

              

Q: ディベート全国大会出場までの道のりはいかがでしたか?

A: 毎日学校に遅くまで残ったり、様々な記事や証拠(自分たちの論をサポートする)を英語で読んだりと、たくさんしんどいこともあったけれど、euthanasia (安楽死) への理解が深められたし、何よりも英語で論文(大学教授が書いた)を読んだりして英語のボキャブラリーやreadingの力がついたので良かったです。

Q: ベストディベーター賞に選ばれた感想は?
A: 今まで頑張ってきて本当に良かったし嬉しかったです。

Q: スピーチコンテストの題材は?良かったこと、難しかったことなどを教えてください。
A: 題材はSense of beauty and culture。
自分の経験をふまえた上でどうしたら自分の思いが聞いているジャッジに伝わる言い方が出来るのか考えることが難しかったです。

外国人講師との英会話レッスンで発信力を鍛え、日本人講師とのレッスンでもケンブリッジ英検など日々の努力を続けるAyanaさんの今後にも期待です!

 

            

投稿日:2018年11月20日

英語の意味は何通り?

こんにちは、アミック石井校の辰馬です。

前回は、likeという単語に2つの意味があることを利用した、Fruit flies like a banana. というジョークを紹介しました。

この言い回しの元となった、Time flies like an arrow.(光陰矢のごとし)という文も、実は意味の取り方次第で他の解釈ができるんです。

なぜかというと、like だけではなく、time, flyにもそれぞれ「時間」、「飛ぶ」という元々の意味とは別の使い方があるからなんですね。

たとえばtimeを、「時間を測る」という動詞で使うと、
「矢のように(すばやく)ハエの飛ぶ時間を測りなさい」という命令文になります。

さらには、「矢のような(形をした)ハエの時間を測りなさい」というのも可能です。
(矢のような形のハエなんて存在するかは別ですが…)

相手は「時間が経つのは早いねえ」と言っているだけなのに、慌ててハエのタイムを測ってしまうことのないように、気をつけてくださいね!

投稿日:2018年11月17日

Three Haikus About Being Tall In Japan – 英会話・英語 アミック

Even though my height is barely above-average for an American male, that is apparently too tall for Japan, as I manage to hit my head almost every day on something.

While in the moment I am often inspired to unleash profanity, the many hits I have taken have also inspired me to write haikus about being tall.

 

Every morning,
Some wake with coffee or tea
I just hit my head

 

One good thing about
being tall, Is that in large crowds
Never lose my friends

 

On train, alter-ego
comes to life as I dodge rings
I am the hunchback

投稿日:2018年11月16日

Do you(tube) really feel sorry? 英会話・英語 アミック

I’m not sure about Japanese YouTubers, but American YouTubers sure have a lot of drama. Amazingly, under a glamorous or HD facade, it turns out most YouTubers are also human beings. You know what they say; to err is human, no one is perfect, bless this hot mess, yadda, yadda, yadda. Long story short, we all have a phase in our life when we’ve done or said something we’re not proud of. However, if you grew up on YouTube, there’s a chance that whatever cringe-y or uneducated moment was captured on video. Famous YouTubers are just that–YouTubers, as in, their primary source of income is their YouTube channel. If you’re making a living making videos, you should at least have a personality or quirk that viewers love. Now say some video or other evidence were to come out that shows you weren’t the sweet or family-friendly YouTuber your viewers thought you were. Proof like that could ruin your follower count (aka your revenue source) which in turn would wreck possible sponsorships.

Once a famous YouTuber is publicly shamed or shunned it seems like they go into “PR/PC freak-out mode”. Maybe their follower count is steadily dropping (and followers/views = money) and they need to remedy the situation. The first thing they usually do is issue an apology tweet and if that’s not enough to staunch the flow of upset unsubscribing, an apology video will be shortly underway.  Depending on their level of fame (or infamy) their apology video will usually be the most watched video for several days before everyone moves on with their lives or some other YouTube drama breaks out. If they are deemed apologetic enough, they may make it out with their follower count still relatively intact. Of course, these apology videos are then dissected by other YouTubers either to see if their apology was genuine enough or to ride on the coat tails of a more famous YouTuber for views and clicks of their own.  

Here we have PewDiePie, a famous Swedish Youtuber who has issued his own apology video, break down and rate other apology videos for our enjoyment:

投稿日:2018年11月13日
各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業して以来、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで20年以上にわたり誠実に英語を教えて参りました。
最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP