A Little About Hot Pepper (Not the Japanese Food Site) – 英会話・英語 アミック

2019/01/11

One thing I’m really looking forward to putting on my taste buds when I get back to America is spicy food. In particular, I miss hot sauce—in U.S. supermarkets, it’s not uncommon to see shelves holding 50+ varieties of the stuff to choose from.

I also decided that making my own hot sauce would be a perfect hobby for me: it seems cheap enough, involves cooking, and allows plenty of opportunity for tinkering and tracking within a spreadsheet.

What I won’t be doing however is trying to see how insanely hot a sauce I can make—I’m more of a flavor-over-brawn kind of guy. Thankfully, most of the world’s hottest peppers aren’t sold on the open market, so I won’t have to worry about accidentally throwing one of the world’s three spiciest peppers (as measured by Scoville units, or SHU) into my batches.

Pepper X (3,180,000 SHU)

Created for the YouTube series “Hot Ones” (where celebrities are interviewed while eating increasingly spicy hot wings), Pepper X is the heinous result of breeding together spicy varieties of bonnet pepper. Currently, it can only be found (in very diluted form) in the “Last Dab” hot sauce made by the company of the same name as the web series. 

Dragon’s Breath (2,480,000 SHU)

Another Frankenstein creation, Dragon’s Breath was conceived by a British chili farmer and university researchers. Ironically, this tiny pepper was not bred for its heat, but instead for its flower-like appearance. The responsible researchers even pose that it could be used as an anaesthetic. 

Carolina Reaper (1,569,300 SHU)

This contribution in the pepper arms race is a product of the PuckerButt Pepper Company in South Carolina. The reaper will make you do just that, and then some—in 2018, a man was hospitalized after eating one, complaining of severe headaches. It doesn’t, however, seem to bother mice:

各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業し、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで18年間誠実に英語を教えて参りました。最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「愛媛の松山・東温に地域密着型で英会話スクールを運営し、地域の英語力向上に貢献してきた」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という4点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP