Demonymの話

2017/10/19

 

今週日曜日は、みんなが楽しみにしているアミック合同遠足♪ですが。。。

台風21号が気になります台風 の画像

梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像梅雨だよ。てるてる坊主 の画像

 

こんにちは、今日もアミックブログを訪れていただきありがとうございます 😀 

 

早速ですが、

その地域に住む住民のことを指して、「江戸っ子」「道産子」などと呼ぶ呼称のことを、英語では

Demonym(dɛmənɪm)と言います、皆さまご存じでしたか 🙄 ピンク の画像 (えっ、知らないびっくり の画像

『秘密のケ〇ミ〇SHOW』なる番組がありましたが、一般的に日本では○○県民、○○市民などをつけることが多いのではないでしょうか。

わが地元では、「○○人」と「町の名前+人」で呼びあいますが。。。

 

 

世界に目を向けてみると、「New Yorker」は聞いたことある人は多いと思います。

もちろん、ニューヨークの住民を指して言う呼称ですね。

大都市なら何らかの呼称が付いており、東京の場合は「Tokyoite(tóukioàit)」といいます。

これなんかは、知っている人は少ないのではないでしょうかびっくり の画像 (うんうん、知らない動かない の画像

でも知らないそこのあなた、知らなくて大丈夫!(えっ、そうなのひよこ の画像

その理由は、先を読めば分かります 表情 の画像!!

 

Torontonian(トロント)

Hong Konger(香港)

Londoner(ロンドン)

のように、音の自然な馴染み方や発音しやすさで名称が決まるそうです。

多くは-er, -ite, -ese, -anなどの形をとっています。

 

外側の人が使うよりも、その都市に住んでいる人々が仲間内を指して使うことのほうが多いみたいですね。

だ・か・ら、Tokyoiteなんて言葉は存在していても、

母国語が日本語の私たちは、そもそもそんな呼び方しないのであまり知られていないわけですね!(ホッ 😳 )

 

ちなみに、以前暮らしていたアメリカ北西部のミシガン州では、

地元民たちは自らを「Michigander 」といってとても誇りにしていましたよはっぴーえんど(~▽~@)♪♪♪ぷ の画像

住んでいる地域の名称を日々口に出していると、帰属意識が(嫌でも)芽生えますもんね~

 

英会話スクール アミック

各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業して以来、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで20年以上にわたり誠実に英語を教えて参りました。
最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP