Harvesting the first tea leaves of the season

2018/04/26

こんにちは、今日もアミックブログを訪れていただきありがとうございます!

 

桜の季節が終わり、次に来る行事ごとと言えば何でしょうかはてな の画像

「夏も近づく八十八夜~音符だよ。2つ の画像」を口ずさめば思い出すでしょうか・・・・・ひらめき の画像

 

そうです、お茶摘み(tea picking)北欧 の画像

 

立春から88日目、時期としてはゴールデンウィークの「子供の日」の前後こどもの日だよ。鯉のぼり の画像

のはずが、今年は暖かいのか例年より2週間も早く新芽が出てきました焦る の画像

ということで、早速先週末に実家の山でお茶摘みしてきました喜び の画像

 

新芽とは、↓の黄緑色した若葉のこと北欧 の画像

新芽からとれるお茶をその年の一番茶として「新茶(shincha ;the first tea of the season)」と呼びますね。

上に伸びる新芽だけを、丁寧に一つ一つ手摘みしていきます。

 

こんな感じ↓

これを半日、大仕事ですカラフル の画像

 

さらに、摘んだその日のうちに持ち帰り、

新芽の部分のみを他の葉とより分け、次の大仕事「茶葉の焙煎」びっくりマーク の画像

お茶用の厚手の鉄鍋で焦げないよう炒ります。

茶葉がしんなりしたら鍋から出して、ゴザの上に茶葉を広げて冷まし、体重をかけて揉む。

この作業が結構大変なんですカラフル の画像

これを最低でも2回繰り返して、天日に数日さらせば完成です手だよ。拍手 の画像

(今回は、この籠を約10杯分収穫)

 

今はここまでする家は減りましたが(とうかほぼいない・・)、

昔は畑を持っていた家では空いたスペースに茶を植えて皆自給していたそうですあんぐり+驚き の画像

 

私の家では、今でも1年分のお茶はこれでまかないます。

時間もかかるし大変だけど、一番茶の味は格別です顔だよ。笑顔 の画像

 

お茶は各食事毎に食卓に上がるので、とっても大事な行事なのですニコちゃん の画像

 

英会話スクール

各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業して以来、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで20年以上にわたり誠実に英語を教えて参りました。
最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP