ブログ

【伝わる英会話】英語でも卒業式は始まり

みなさま、こんにちは!

 

レッスンで使用しているAGOカードの中に

” What grade are you in? “ (あなたは何年生ですか?)というのがあり、

毎度、自分が答える時に小学生で換算すると三十ウン年生と答えながら

時の流れを感じるお~じろうです(*・ω・)ノ

 

う~ん、若いってそれだけで素晴らしい(>_<)

 

さて先日、余戸校スクールマネージャーが書いた記事、

卒業~始まりの季節~というタイトルを見て英語表現も同じだな~と感じました。

 

英語で卒業(式)は

graduation

または

commencement

と言います。

 

この後半のcommencementには

the beginning of something (始まり)という意味があります。

 

先日の記事でも書いたSteve Jobs氏のスタンフォードでの卒業スピーチも

Steve Jobs’ Commencement addressという名のタイトルが書かれていました。

http://news.stanford.edu/2005/06/14/jobs-061505/

ちなみにaddressは住所などのアドレス以外にも

挨拶の言葉(スピーチ)という意味でも使われます。(TOEICにも出てきます!)

 

現在、日本では卒業シーズンですが、アメリカでは5月または6月頃がシーズンになります。

そういえばお~じろうも似合わない角帽をかぶって大学の卒業式で

最後に天井に向かって角帽を投げた覚えがあります。。。なつかしい(´・ω・`)

 

ということで、英会話をcommencement(卒業じゃなくて開始!!)してみようと思われた方は、

ぜひ、松山市・東温市にある英会話スクール【アミック・イングリッシュセンター】までお越しください!!

 

無料体験レッスンも随時受付中ですよ(^^♪

 

それではみなさまHave a nice day!!

投稿日:2017年3月6日

Are you shy?

Are you shy?

 

We often describe ourselves as either shy or confident and many people believe that being more confident is a more positive personality trait. I am sure that we have all felt the anxiety of entering a new situation, being unsure in our own ability to be able to either fully understand or fully engage in the task. How, then can we transition from shy to confident?

 

Practicing can certainly help us on our way. If we have an important presentation, we will often practice over and over again, learning by heart what we have to say in the appropriate way. However, this does not always work and in extreme cases of stage fright we can completely forget an entire presentation that has been meticulously learned. It is most definitely an embarrassing situation to be in!

 

There are many suggestions to help us to overcome this fear. Many people use breathing techniques to calm themselves in these situations. Other people find that creating distractions, such as visually stimulating slide shows, can take the pressure and focus off them. Some people use body language to make them appear more confident, consciously choosing more open postures to allude to a greater self confidence.

A popular phase we use when practicing confidence is “fake it until you make it”. More recently the phrase has been adapted to “fake it until you believe it”.

投稿日:2017年3月6日

Sapporo Snow Festival

The 68th annual Sapporo Snow Festival was held on February 6th – 12th which showcased some mesmerizing works of art.

This year’s festival theme commemorated Star Wars 40th anniversary entitled “White Star Wars”. 

It’s great to see individuals and teams who are creative and passionate about what they do.

Please have a look at some of the pictures at the following link. 

http://www.japan-guide.com/blog/sam/170206.html

 

 

投稿日:2017年3月4日

Media Immersion

All of us here at AMIC have things that we are very passionate about. Of course, we are enthusiastic about the English language, but we also have a range of different hobbies or interests in our free time. Like my fellow teacher (and fellow American) Joe, I am also “kind of a nerd.” While I share his love of video games, I enjoy many other forms of media too. In my classes, I frequently discuss music and movies with my students.

Reading books, watching movies, playing games, and listening to music are all great ways to relax. They can also be a fantastic way to improve your language skills. Exposing and immersing yourself in foreign media is a great way to supplement your lessons and increase your overall fluency.

When I studied French many years ago, I supplemented my courses by watching French TV shows and movies. At first, I would watch them with English subtitles and concentrated on my listening skills, and gradually I was able to replace the English subtitles with French subtitles. I also listened to pop music and tried reading French newspapers and books. This immersion helped me improve my comprehension and overall reading and listening skills, as well as allowing me to learn more about another culture.

Have you seen any English movies recently, or read any English books? We’d love to talk about them with you!

I hope you all have a great weekend!

Alex

投稿日:2017年3月4日

卒業~始まりの季節~

3月といえば、卒業シーズンですね。

先日も、卒業証書を持った高校生たちをたくさん見かけました。

 

 

アミックの生徒さんの中にもこの春、

大学進学や就職で松山(東温)を離れます、

とアミックを卒業される方が何人かいらっしゃいます。

 

スタッフとしては寂しい、というのが本音ですが、

祝福したい気持ちももちろんあります(^^♪

 

皆さまのこれからの人生が幸多きものでありますように(≧▽≦)

そしてアミックで学んでよかった!!と思っていただけますように\(^o^)/

 

地元に帰省されたときは、

お気軽にアミックに遊びに来てくださいね(^^♪

 

 

そんなこの時期は、何かを始めたくなる時期でもあります。

英会話を習ってみたい!!  将来の可能性を広げたい!! 等々、

英語に関心をお持ちの皆さま、

今その一歩を踏み出しませんか?

 

アミックではそんな皆さまを応援したく、

現在、★春の入会金無料キャンペーン★を実施中!!!

3月入会金キャンペーン

もちろん無料体験も受付中です!!!

無料体験レッスン

この機会にぜひ、アミック・イングリッシュセンターへお越しください(^^♪

 

投稿日:2017年3月4日

日本文化を英語で説明♪Hinamatsuri♪

今日は3月3日、ひな祭りですね♪

様々な日本独特の文化があります、海外の人たちに説明するのは結構難しかったりしませんか?

今日はひな祭りについて説明するときに役立つ英語フレーズを紹介します。

 

Hinamatsuri is often called “Doll’s Festival” or “Girl’s Festival”.

ひな祭りは英語で「Doll’s Festival」「Girl’s Festival」と呼ばれます。

~と呼ばれる:be called~

 

The Doll’s Festival celebrates the safe growth and sound health of young girls.

ひなまつりは女の子の無病息災と成長を願ってお祝いをします。

 

People set up dolls for the Doll Festival on March 3.

人々は3月3日のひな祭りの日に人形を飾ります

 

It is believed that a doll can take a girl’s bad fortune.

ひな人形は女の子にとっての悪いことを引き受けてくれると信じられているのです。

~と信じられている:It is believed that~

 

People eat Chirashi-zushi, Hishi-mochi,Hina-arare, and Shieozake for the Doll’s festival.

ひな祭りの日には、ちらし寿司、菱餅、ひなあられを食べたり白酒を飲んだりします。

ちなみに、食べ物を英語で表すと

ちらし寿司:Scattered sushi

菱餅:Diamond-shaped rice cakes

ひなあられ:Rice cake cubes

白酒:Sweet white sake

 

ぜひ使ってみてくださいね!

ちなみに、写真はアミックキッズが作ってくれた折り紙のお雛様です 😀 

この春、何か新しいことを始めてみたい♪外国人と英語でもっといろんな話をしてみたい♪という方、

ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください 😛 

無料体験随時受付中です。

無料体験レッスン

投稿日:2017年3月3日

I’m kind of a nerd.

For many Americans like myself (and many, many other people from all over the world) Japan is considered the Mecca of video games; a sacred land that birthed Nintendo, Playstation and an array of dearly loved game franchises like Final Fantasy, Zelda and of course Mario. While I’m not a super nerd that buys dozens of games and spends all his free time in a dark room in front of a glowing screen, I will admit that gaming has been a significant part of my life ever since I can remember, and also played a large part in me becoming interested in Japan.

My first fond gaming memories were from when I was about five years old and I played games like Super Mario World, Mortal Kombat and Donkey Kong Country on the Super Nintendo (スーパーファミコン). Later, for my 9th birthday I received a Nintendo 64 and the Legend of Zelda: Ocarina of Time which made me fall in love with role-playing games (RPGs) and has influenced me ever since. Nowadays, I have a Playstation 4 and love to play games from the Japanese video game company From Software.

While gaming is a great passion of mine, I also realise that many think it’s a waste of precious time (my wife is one of those people)! I titled this post “I’m kind of a nerd” because I also believe it’s important to keep a balance with what I choose to do in my free time so I can keep up with everything else happening in my adult life while nourishing my other interests.

Whatever you may choose to do with your free time, I hope you enjoy it!

Joe

投稿日:2017年3月2日

What would make a good mascot?

What would make a good mascot?

Tokyo Olympics is still three years away, but organizers have finally chosen Dragonball Z, Son Goku, as the official ambassador for the summer event. Applications for designing the mascot for the 2020 games is open to the public which I think is a great idea. So, what would make a good mascot? If I had to design a mascot, it would be a mix of something old and something new – Ninja Robot.

Something old- the ninja. They are popular and easily recognized because of their cool traditional outfits. The jobs of the ninja in the past were not always noble, but their level of skill and training are qualities that I have admired since I was a child. Growing up, I loved watching Teenage Mutant Ninja Turtles.

Something new- the robot. Japan’s robotics industry is well known throughout the globe and is another reason why I think it’d make a popular mascot. Robots are very much part of our everyday life. Most people can recognize Asimo the humanoid robot who has made public appearances around the world. And who could forget Astro Boy, the hero android. Very cool, indeed!

What if you had to hand in a mascot design for Tokyo Olympics? What would it be?

投稿日:2017年3月1日

英語教育改革 1 – アミックリーディングプロジェクト始動☆

急速に進むグローバル化の進展に対応して、日本の英語教育の大きな見直しが進んでいます。これまで、教室外ではほとんど英語を使う環境になかった日本ですが、2020年の東京オリンピックを機に多くの外国人が日本を訪れるようになり、日常生活の中でも英語でのコミュニケーションが必要となってくる場が増えて来ます。そして、もちろん、世界で活躍するためには、それなりの英語力が必要となるわけです。では、どのような英語力を身につけることを目指しているのでしょうか。

英語教育改革には色々な方策が取られており、その目指すべき方向性や評価方法等についても、文部科学省のサイトに詳しく載っています。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/102/houkoku/attach/1352464.htm

しかし、これを簡単に言えば、これまで、「読み」が中心だったいわば受験のための学校英語から、4技能(スピーキング、リスニング、リーディング、ライティング)のバランスの取れた、本当にコミュニケーションに使える英語力を身に付けるということです。

松山市と東温市にあるアミック・イングリッシュセンター4校でも、この流れを踏まえて、キッズクラスでいよいよ明日から15分間のリーディングタイムがスタートします。教室ではプロジェクターでホワイトボードに英語の絵本を映し出し、ネイティブの先生と一緒に読みの練習をします。そして、その後40分間のこれまで通りの英会話レッスンに移ります。

そして、なんと、このリーディングプッロジェクとの目玉は、各ご家庭でも、アミックの生徒である限りはこのeBookが読み放題・聞き放題だということです!

英語力の向上はインプット量に比例するとも言われています。子ども時代にある豊富な家庭での時間を使って、できるだけ英語のリーディングとリスニングに充てみてはいかがでしょうか?タブレットやPCまたはスマホから流れる楽しい英語を見たり聞いたりすることで、インプット量を大幅に上げることができます。小さいうちに楽しみながら英語に触れることで、大きくなってからでは習得が非常に難しいとされている英語の音に対する感受性が高まり、苦労せずに英語を自然に理解することができるようになります。

小さなお子様をお持ちのお母様、お父様、ぜひこの春お子様にアミックで正しい英語教育を始めてみてはいかがでしょうか?英語ができれば、将来の可能性が大きく違って来ます 🙂 

無料体験レッスン

 

投稿日:2017年2月28日

【伝わる英会話】sometimesとsometime

みなさま、こんにちは!大好きでよく見ていたCNN Student Newsが

いつのまにかCNN 10というタイトルに変わっていたことに時代の流れを感じたお~じろうです(*・ω・)ノ

 

スクリプト付きなのでオススメです><

http://edition.cnn.com/studentnews

 

さて今日のトピックはsometimesとsometimeです。

 

sometimesは時には、時々、たまになどの意味で使われます。

http://ejje.weblio.jp/content/sometimes

 

sometimeはいつか、そのうち、近々などの意味で使われます。

http://ejje.weblio.jp/content/sometime

 

似ているようで似ていない単語、

使い間違うことも多々あるのでしっかり意識しておきたいですね!

https://eikaiwa.weblio.jp/column/phrases/vocabulary/sometime-some-time-sometimes

 

ちなみに、あの有名なSteve Jobsのスタンフォードでのスピーチでも

8:11あたりでsometimeをsometimesに言い直しているシーンがあります。

http://news.stanford.edu/2005/06/14/jobs-061505/

とっても心に残るカッコいいスピーチなのでお~じろうは密かに音読(少し暗唱)中です。

 

ということで細かいことよりまずは英会話!!という方も(((( ;゚д゚)))、ぜひ(>_<)

松山市・東温市にある英会話スクール【アミック・イングリッシュセンター】までお越しください!!

 

無料体験レッスンも随時受付中ですよ(^^♪

 

それではみなさまHave a nice day!!

投稿日:2017年2月27日
各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業し、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで18年間誠実に英語を教えて参りました。最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「愛媛の松山・東温に地域密着型で英会話スクールを運営し、地域の英語力向上に貢献してきた」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という4点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP