Play me a sad song, ‘cause that’s what I wanna hear 英会話・英語 アミック

2018/10/02

I usually troll the main page of Wikipedia to find inspiration for my weekly blog post. Today, I felt totally uninspired while clicking through articles. I’ve been working on a list of sad songs, because sometimes you just want to listen to a sad song and have a good cry. Sadness can be evoked by different things in different people, but some things are universally tragic: heartbreak, death, rejection, loss, loneliness, the list goes on and on. What I’ve noticed about my top favorite sad songs is that despite having an upbeat melody, the lyrics tug at the your heart in a way that only truly poignant words can. 

Manu Chao- Dia Luna Dia Pena (“Moon Day Pain Day”)

Radiohead- How to Disappear Completely

No sad song list would be complete without a song from Radiohead.

Florence + The Machine – Ship to Wreck

Kings of Convenience- Toxic Girl

Scandinavian melancholy at its finest.

Sufjan Stevens – A Loverless Bed (Without Remission)

 

Of course, these all are open to interpretation. What makes me want to curl up in a ball and wail won’t necessarily make you feel the same way 😛 What is your favorite sad song?

各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業し、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで18年間誠実に英語を教えて参りました。最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「愛媛の松山・東温に地域密着型で英会話スクールを運営し、地域の英語力向上に貢献してきた」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という4点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP