Vine: the social media account no one needed (but everyone misses)英会話・英語 アミック

2018/06/19

2013 was a magical time for social media. Although YouTube and Instagram had been around for a while, someone decided that the world needed a balance between long-form video and static images. Twenty minute long videos and scrolling through feed after feed of pictures could no longer hold our entertainment-saturated, A.D.D-addled brains. Thus, to fill the void, Vine was born.

What is Vine, you ask? Much like YouTube, a user could film themselves or a subject using an app. The catch? The video was only six seconds long. In order to get those coveted “revines”, a user had to make sure to jam pack their content with something that could hold the viewers attention for at least six seconds. It’s harder than it sounds! Sure, there were some duds, namely a lot of videos of people simply lip-synching to music or chatting with friends.  However, quite a few YouTubers got their start and built their fanbases using Vine; the Logan brothers and Lele Pons, for starters.

Although Vine was put on indefinite hiatus in 2016, its legacy lives on in current app features such as Snapchat’s 10 second and Instagram’s 1 minute video sharing. Thankfully, Vine has archived all of its current videos which leave us with gems like this:

Enjoy.

各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業して以来、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで20年以上にわたり誠実に英語を教えて参りました。
最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP