カテゴリー:英語学習

英会話・英語のアミック 発音セミナー

7月14日(土)アミック衣山校にて、現役同時通訳者である里美校長が教える発音上達セミナーが開催されました。

発音記号の学習や、鏡を使って自分の口や舌の動きを確認しながらの発音練習、自分の声を録音して正しく発音できているかチェックをしたり。。。実践的な内容が盛りだくさんの濃い2時間でした!

参加者の皆様からとても役に立ったとのお声をいただきましたので紹介させていただきます。

 

【参加者の声】

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

〇もっと感情(抑揚)を込めて読むのと、thの発音もしっかり舌を出して音を作るようにして発音、会話していきたいと再認識しました。

 

〇自分の発音とイントネーションがフラットであったことに気づかされた。

 

〇今回の発音やイントネーションでとても気付きが多かったので、またこのテーマで機会があれば参加させて頂きたく思います。

 

〇フォニックスの音などは分かるのですが、いざ会話でかっこよく発音ができないので意識していこうと思いました。

 

〇コミュニケーションの大切さも教えていただきありがとうございました。積極的に英語を使っていくことを意識したいです。

 

〇自分の発音を録音して聞いてみるという作業をしていなかったのでこれからは試してみようと思いました。

 

〇とても親切に対応してもらいました。年を取ってからでも英語にトライする勇気をもらいました。

 

〇習ったことがないことばかりだったので、とても参考になった。

 

〇発音記号などみたことがなかったのでどのように発音するか聞けてとても良かった。

 

〇分かりやすく教えていただいたので、発音の仕方が分かりました。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

 

投稿日:2018年7月14日

英会話・英語のアミック 発音について

こんにちは♪今日もアミックBlogを訪れてくださりありがとうございます。

 

今回は発音のお話を!

「勇気を出して英語を話してみたけど通じなかった」とか、「違う意味にとられてしまった」などみなさんご経験があるのではないでしょうか?

 

それもそのはず、英語には日本語にない音がたくさんあります。

例えば母音の「あ」

地域によって差はありますが、「日本語の『あ』のように聞こえる英語の音」は5つもあるのです。

/ɑː/ /ʌ/ /ə/ /æ/ /ɜː/  こちらの発音記号はすべて「あ」の音です。

もちろん、区別できていなくてもコミュニケーションが取れることがほとんどですが、時々、異なる意味の単語に聞こえてしまうものがあるので要注意。

 

たとえば、「痛い “hurt”」→「心臓 “heart”」って聞こえていたり。

「帽子 “cap”」→「コップ “cup”」と伝わってしまったり。。

 

もちろん、発音は気にせずにどんどん話す!のが英会話上達の鉄則ですが、できれば相手にすんなり分かってもらえるコミュニケーションを目指したいですよね☆

 

アミックでは、7月14日(土)に発音上達セミナーを行います。発音のコツや上手に話せるようになるヒントを、現役同時通訳者のSatomi校長がレクチャーします。

参加費無料、アミック会員様以外でもご参加可能です。お申込みお待ちしています!

英語発音上達セミナーのお知らせ

 

投稿日:2018年7月5日

英会話・英語のアミック 国の名前

こんにちは、アミック石井校の辰馬です。

サッカーW杯、日本代表は惜しかったですね!

ぜひブラジルと戦うところが見たかったですが、4年後に期待しましょう。

 

さて、今回日本が対戦したベルギーですが、英語ではBelgiumと書いてベルジャムと読みます。ベルギーとベルジャムでは、ずいぶん響きが違いますよね。

このように、英語と日本語の発音が違う国というのは、他にもたくさんあります。考えてみると、日本とJapanもあまり似ていないですね。

 

ターキー、グリース、ユークレインは、それぞれどこの国かわかるかな?

(正解は、トルコ、ギリシャ、ウクライナです♪)

 

外国の方と話しているとき、お互い知っているはずの国でも、発音がわからないと話が伝わらないこともあったりします。

英単語の綴りだけではなくて、発音も一緒にして勉強すると、きっとコミュニケーションがスムーズにいきますよ!

 

投稿日:2018年7月4日

英会話のアミック cの発音  

 

こんにちは、アミック石井校の辰馬です。

先日、授業のときに生徒さんから、「cの発音って、kみたいな時とsみたいな時があるのはどうしてなんだろう」という質問がありました。

 

たしかに、catは「キャット」と読むけれど、cityは「シティ」ですよね。

 

実は、Hard C(硬いC)とSoft C(柔らかいC)といって、この2つの読み方にはある法則があります。

 

Hard C(カ行の音になる場合)→後ろにa, o, uが続くとき

(例) card(カード)

     cold(コールド)

           cup(カップ)

 

Soft C(サ行の音になる場合)→後ろにe, iが続くとき

(例) center(センター)

     cinema(シネマ)

 

これを覚えておくと、単語の読み方がわからなくなったときに役立つかも!

日本語と違って、英語はスペルによって文字の発音が異なるので、フォニックスなどを学んで読み方の法則を覚えておくと便利ですよ♪

 

投稿日:2018年7月3日

英会話・英語塾のアミック 今週の英単語学習 17/10/09

みなさま、こんにちは!

 

代講で来てもらっているバングラデシュ人のサム先生から、

いろいろとバングラデシュ文化を教えてもらっているお~じろうです(*・ω・)ノ

 

生徒さんからは松山にバングラデシュ人がほとんどいないため、

「初めて会った!」「レアですね!」と面白い反応を頂いております。

 

さて、今週は前置詞の基本単語クイズです。

下記の英英辞典の定義になりそうな英単語を考えてみてください。

1.touching a surface or being supported by a surface

2.used with the name of a container, place, or area to say where someone or something is

3.to the inside or inner part of a container, place, area etc

4.below or at a lower level than something, or covered by something

5.above or higher than something, without touching it

6.in or through the space that separates two things, people, or places

7.used to say who is intended to get or use something, or where something is intended to be used

8.starting at a particular place or position

9.used to say exactly where something or someone is, or where something happens

10.in or through the middle of a group of people or things

 

答えは1.on 2.in 3.into 4.under 5.over 6.between 7.for 8.from 9.at 10.among

簡単すぎた方もいれば、難しかった方もいるかと思います。

ですが上記の例文(英英辞典の定義)を読んで理解し単語を推測する力がつけば英語の基礎力が付きます。

ぜひ、がんばって挑戦してみてくださいね!!

 

ちなみに前置詞はイメージで覚えるのも効果的です。

グーグルで「前置詞 イメージ」と検索するとたくさん画像が出てきますので、参考にしてみてくださいね!

 

なお、前置詞は英語で ”preposition”といい定義は以下のようになります。

a word that is used before a noun, pronoun, or gerund to show place, time, direction etc. In the phrase ‘the trees in the park’, ‘in’ is a preposition.

gerundは「動名詞」になります。

英英辞典で英文法の勉強にもなりますね><

 

アミックでは無料体験レッスン随時受付中です!!

興味のある方はいつでもお問い合わせください。

それではみなさまHave a nice day!!

 

 

投稿日:2017年10月9日
各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業し、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで18年間誠実に英語を教えて参りました。最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「愛媛の松山・東温に地域密着型で英会話スクールを運営し、地域の英語力向上に貢献してきた」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という4点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP