ギリシャ神話から英語を学ぶ

2019/03/20

英語を習得するのに、単語や文法をひたすらに暗記するやり方では、大抵の皆さんにとっては楽しみというより苦痛になるのではないでしょうか

言語習得というのは、もっとエキサイティングでワクワクさせてくれるものであればあるほど、もっと知りたいという学びの歯車がうまく回転していくものです

今回、英語学習とは全く関係ない絵画を通してある言葉を知った時のワクワクをここで共有したいと思います

 

あるイタリア映画にPlato(プラトン)、Heraclitus(ヘラクレイトス)、Thucydides(トゥキディデス)などギリシャの哲学者、歴史家といった名が「知ってて当然」の如く出現し「何も知らない」となった私は、哲学書はさすがに敷居が高いと思い、まずはギリシャ繋がりでギリシャ神話から入りました

 

そこで注意を引いたのがこちら。

天界を支配する神ゼウスが赤子を抱きその正妻ヘラの乳を飲ませようと吸いつく赤子をヘラが振り切ろうとしている。なぜ振り切るかというと、赤子はゼウスの愛人との子であり、乳を飲ませる理由も飲むと不死になるとのことでその力を与えようとしており、更にこの赤子も半分は神の子だけあり物凄い力で乳を吸ったものだから、ヘラは痛みに目を覚まし、このようにてんやわんや状態になったそうな。。神々の神聖なる神話といえど威厳はあまり感じられず、半分コメディーっぽくそれだけでも楽しめます

それはさておき、この絵がどう英語と関係あるかというと、よーく見て頂きたいのはヘラの左胸からほとばしった乳はスプリンクラーの水みたいに上空へ飛び散り、いくつもの星に変わってゆき、ついには天の川となったそうな

ミルクの道(Milky Way) ないし銀河(「galaxy」とはギリシャ語の乳「gala」からきている)と呼ばれるのはそのため 

日本の、ほのかに哀しい七夕伝説とは随分違う。。西洋人にとってみればヘラの母乳もロマンチックの対象なのかどうかは謎です。

 

そこからMilky Wayに繋がるなんてギリシャ神話おもしろ〜い

言語学習においては、一つのメソッドに固執するのではなく、色んな分野を行ったり来たり、揺らぎの中で興味を引くものを少し深く探っていくのは大事かなと個人的には感じているところです。

 

皆さんにとって英語学習が楽しいものでありますように⭐︎

各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業して以来、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで20年以上にわたり誠実に英語を教えて参りました。
最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP