月別アーカイブ:2019年4月

A new era “Reiwa” begins!

今日で、『平成』は幕を下ろし、明日からは新たな年号『令和』の時代の幕開けです。

アミックのキャッチコピーは、

   未来を拓く人を育てる

平成の時代に守り抜いたもの、失われつつあるもの、また、立ち向かうべき課題を受け継いで、ひとりひとり、創造性に満ちた新しい希望を胸に、令和の時代を築いていけたらと思います。

こちらは、令和おじさんこと、菅官房長官とアミックの里美校長のツーショット

先日の、内閣総理大臣主催のお花見にて。

 

 

投稿日:2019年4月30日

Our Rui

プログラミング講座の体験会案内のチラシをお届けする準備をするRuiです。

 

今は、アミックの全5校を駆け回って、私たちマネージャーや外国人講師のフォローをしたり、さまざまな相談に乗ったりしてくれています

まるで、一人のスタッフとは思えないほどの仕事ぶりにもかかわらず、その気品のある穏やかな物腰で、みんなにRuiさん、Ruiさんと呼ばれて頼りにされています

以前は衣山校でマネージャーをしていたのですが、現在は道後校と重信校でレッスンを担当しています。

みなさん、クラスでお会いしましょう

投稿日:2019年4月25日

from Kentaro in Singapore

初めまして。元重信校マネージャーのKentaroです。(重信校の生徒さんは覚えていらっしゃるでしょうか?)

現在僕はシンガポールの地を拠点にしております。
これから時折現地の様子をお伝えできればと思います💻

シンガポールは英語も使えますので、アミックで鍛えた英語力と共に次の海外旅行や留学の候補としてくださいね✈️

写真は夜のマーライオンとマリーナベイサンズです🏢

投稿日:2019年4月25日

Love Love Miniatures💛

I found Licca-chan dolls that wear the uniforms of actual schools. The dolls are made by Takara Tomy along with class reunion support company, Salat. They are popular as a memento for alumni as well as parents and students, and the dolls are available in the uniforms of 30 schools so far. I want one!

 

Especially in private schools, their uniforms are designed by famous fashion designers, and as a memento for their happy school days, it would be great if Licca-chan dolls wear the uniform the students used to wear.

 

I found another memento item. This is a miniature school bag ransel(※). They can remake the actual school bags in a small size. I want one! A ransel is a very strong, functional bag. I heard that it became popular among celebrities overseas, but in Japan, it is embarrassing for adults to use a ransel which is made for elementary kids. Remaking it into small size and decorate it as a memento is a better idea.

     

I like miniatures, especially very tiny and elaborate ones. I am interested in Arietty’s doll house, and I found the doll house kit at Amazon, but it is troublesome to make it by myself. It would be great if someone made it for me!

 

 

※A schoolchild’s satchel (randoseru, originated ransel in Dutch)

投稿日:2019年4月19日
各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業し、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで18年間誠実に英語を教えて参りました。最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「愛媛の松山・東温に地域密着型で英会話スクールを運営し、地域の英語力向上に貢献してきた」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という4点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP