なんでもない一日(2)英会話・英語 アミック

2020/08/18

Hello! 重信校Hitomiです。

お盆休みはいかがお過ごしでしたか?

例年と違ってしまった夏休み、Hitomiはほとんどステイホームでしたが、おうち時間を自分なりに充実して過ごしました。主に片づけと、肩のリハビリをしておりました。

 frozen shoulderになってしまったために(過去の記事参照)6月末に受けたsilent manipulationは、やはり通常のmanipulation(いわゆる整骨、整体のゴキゴキッとする施術)とくらべると、確かにsilentではありました。

首の付け根あたりから麻酔をして、感覚のなくなった腕をドクターが持ち上げて、自分では上げられなくなった位置に来た時、体の中から、

 

ブツッ・・ブッ・・ブヂ・・・・ブツン。

 

劣化したゴムが切れるような何とも切れの悪い鈍い音が響きました。

実際には切れたというより癒着した組織がはがれる音なので、ビリビリとかバリッというような音を想像していましたが、体から発するには奇妙な音が感覚のない肩から響いて・・・

 

「気持ち悪いでしょ?」

 

はい・・

 

「やっているほうはもっと気持ち悪いの」

 

すみません!

 

噂によると、やっているほうは鶏の手羽先を食べるときのあのぽきっとやる感覚に近いらしいです。他人の体ですから、さぞややりにくいでしょうね。

 

そのあと、骨を折っていないか(!)念のため調べるレントゲンを撮り、もちろん大丈夫で、そのままリハビリへ直行となりました。熱心に指導してくださるリハビリの先生との数週間の訓練を経て、休み最終日に無事、卒業となりました。まだ完全ではないのですが、今後も自分でリハビリを続けることで徐々に回復に向かうそうです。

 

英語学習もそう、これ以上伸びないと思うところをもう一歩踏ん張って伸ばせば限界を超えることができ、・・・

 

なんて、無理に英語学習のブログらしく持っていこうとはいたしません。

右手で背中が掻けるようになってから言います。

 

でも、英語は使ってないと鈍るので、そこは筋肉と同じと言っておきましょう。

英語がfrozenにならないよう、お盆休みも英語の訓練をしていましたよ、本当!

英語のほうはまめな努力ができるのですが、肩もまめに動かすようにいたします・・。

 

お盆明けも本当に暑い日が続きますが、お体大切にお過ごしください。

 

Hitomi

各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業して以来、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで20年以上にわたり誠実に英語を教えて参りました。
最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP