愛されているがゆえに。。

2019/09/18

久しぶりに田舎へ帰省したら、田んぼの形に沿うように彼岸花が群生しているのを見て、暑い暑いと思っていたけど季節は秋へと移り変わっているんだなとしみじみと感じましたしみじみ デコメ

 

今回は、栗( sweet chestnut)の収穫に行ってきました挨拶、シンプル、やほ、やっほー、ぼかし系 デコメ

「桃栗三年柿八年」とはよく言ったものですね☆植えてから実がなるまでに何年かかるかを並べたものです。

 

栗の収穫は以外と原始的!

栗は時期になるとポトっと木から落ちるので、それを拾ってイガに守られている中の実を取り出します。

が、実を取り出す作業がとっても大変!??とにかくイガが尖りすぎているので素手では触れませんアンパンマン、胃が痛い、体調不良 デコメ

片足と片手に持った木の棒で地面に押さえつけ、もう片方の手に持ったハサミで中をこじ開けます。。この文字だけ見ると残酷顔文字、表情、泣く、ウワァァァン デコメ

楽なのは下の写真のように、イガがパカーっと開いた状態のもの。

 

この状態で落ちてくれていたら、「頑張って出ておいで~」と声をかけるだけリラックマ、がんばれ、頑張って デコメ

 

・・・・・ではおそらく出てきてくれないので、やはりかなりの力を使ってイガから取り出します!

大切なものを守るためにこんなにも外側が過保護にイガイガになった経緯は、中の栗の実ちゃんが相当美人で(美味しくて)、求婚者(捕食者)がたくさんいたのでしょう(笑)

ほら♡

ラブリー TP 上 デコメ

秋の恵みに感謝の休日でした。

秋 デコメ

各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業し、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで18年間誠実に英語を教えて参りました。最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「愛媛の松山・東温に地域密着型で英会話スクールを運営し、地域の英語力向上に貢献してきた」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という4点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP