G20労働雇用大臣会合での発表

2019/09/28

Hello! 重信校Hitomiです。

9月に松山で行われたG20労働雇用大臣会合にて、我らが重信校Ayanaさんが、高校代表生として「仕事の未来」をテーマに英語で堂々の発表をしました。Ayanaさんは、キャリアプランや退職年齢の自己申告を尊重し柔軟な働き方を求める「定年自己申告制」を提言したそうです。

教室で披露してくれた練習風景をどうぞ!

 

さすがAyanaさん、綺麗な発音のよどみないスピーチです。本番もうまくいったとのこと。テレビでの報道も見せてもらいました。

Ayanaさんのコメントです。

「6月から厚生労働省の方が学校に来て下さり、レクチャーをしていただきました。日本の労働状況などを学び、その上で問題点を見つけ、高校生らしい視点から提言を考えることができました。何度も何度も練習を積み重ねたかいがあり、本番は大成功でした。とても貴重な経験をさせていただきありがたく思っています。少しでも世界に私たちの声が届いているとうれしいです。」

Ayanaさんはレッスンでは英会話と英検1級対策を熱心に学び、学校の英語活動やスピーチ大会などに積極的に参加している頑張り屋さん。いよいよ世界に向けてはばたく日が近づいているのを感じずにおれません。

培ってきた英語力を存分に発揮し言語の面白さを味わい、広い視野を持って世界と関わっていける大人になってくれることを楽しみにしています。Ayanaさんの益々の活躍に期待です。

各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業し、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで18年間誠実に英語を教えて参りました。最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「愛媛の松山・東温に地域密着型で英会話スクールを運営し、地域の英語力向上に貢献してきた」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という4点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP