カテゴリー:英語学習

【英会話のアミック】リスニング力向上に効くアプリ

みなさま、こんにちは!

眼科で2時間待たされている間にひたすらTOEFLの単語を覚え続けたお~じろうです(*・ω・)ノ

 

スキマ時間と思って勉強していたのに、テキスト半分やってしまいました。。。

 

さて、今日はリスニング力アップのお勧めアプリをご紹介したいと思います。

 

 

NHK語学プレーヤー
https://www.nhk-book.co.jp/pr/app/lang_player/

 

 

お~じろうの担当させていただいているTOEIC研修講座でも、

生徒さんに使ってもらっています。

 

無料でダウンロードできるアプリです。

 

研修では、レッスンで使っているTOEIC公式問題集のCDをPCからスマホに入れてもらい、

このアプリで聴いてもらっています。

 

優れている点は非常に高音質な状態で倍速聴きができることです。

 

何度か解いてもらったリスニングの問題を1.2~1.5倍速で聴くことで、効率よく復習できます。

 

しかも本番前に聴いておくと、最初の方のリスニングが少しゆっくり聞こえて安心できます。

 

これを1年ほど続けた生徒さんは、リスニングで先日、480点(満点495点)を取ることができました(>_<)

 

 

 

さらに別の使い方で、音読や暗唱する時に、ネイティブの音声が速すぎて聞き取れない、

CDについていきながら音読ができないなどの悩みも解消できます。

 

 

お勧めは0.8倍速でじっくり聴くことで、

どの音がどう繋がっているかしっかり理解してから音読、

慣れてきたら標準に戻して音読、

さらに1.2倍速で少し速くして音読、

最後に標準に戻して音読すれば、かなり口の動きもスムーズになります。

 

 

 

またABリピートなるものもあり、

全部聴くのではなく部分ごとに切ってリピート再生することができます。
自分の苦手なフレーズやセンテンスを繰り返し聴いたり、

聴きながら音読したりすることでリスニングや発音が向上します。

 

 

 

また、お~じろうはNHKの語学講座を購入していませんが、

アプリ内で購入してテキストを見たり、音声を聴いたりもできるようです。

 

無料アプリですので、リスニングにお悩みの方はぜひ一度、使ってみることをオススメします(^^♪

 

 

でも、一人で英語学習はなかなか続けられないんだよなぁ、という方は

アミックのレッスンで試験対策していますので、ぜひお問い合わせください。

 

それではみなさまHave a nice day!!

投稿日:2017年3月25日

Abbreviation (略語)

略語は巷に溢れていますが、英語と日本語では言葉の略し方にそれぞれ特徴があります。

日本語は、長い言葉の最初の漢字やひらがな数文字を取って並べますね。例えば、文部科学省が文科省とか。

しかし、英語では、だいたい頭文字だけを取って並べるので、元の単語が全く姿を隠してしまうこともあります。

例えば、上に例の出た文部科学省は英語では Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology というので、これを略すとMEXT です なんと、途中の Culture, Sports, Science が合わせてX に変身しちゃってます

さて、略語が馴染み過ぎていて、意味もわかっているので、元の単語はなんだったかな、な~んて考えることもないかもしれませんが、いくつか思いつくままに並べてみましょう。

★ TV (television)  これは簡単、もちろん「テレビ」。tele (遠くを意味する接頭辞) + vision(視覚)、遠くのモノが目で見えるなんて嬉しいですよね 

★ PTA (Parent-Teacher Association) 「親と先生の会」ってこと。

★ B.C. (before Christ) 「紀元前」。数字の後につけて、256 B.C. 「紀元前256年」などのように使います。

★ A.D. (ラテン語 anno domini = 英語 in the year of our Lord) 紀元前は英語の略なのに、なぜかこちらはラテン語の略で、「西暦」。

★ ちなみに、3Dは three-dimentional の略で、「立体の」ということ。

★ また、2DKや3LDKというのもよく耳にしますが、日本と外国では家の作りが全然違うので、それぞれ英語では、2 bedrooms & a kitchen とか、3 bedrooms & a living room & a kitchenなどと説明しないと理解は難しいようです。「ダイニングキッチン」は、和製英語です。英語では単にkitchenと言いますが、食事をするためのテーブルを置いている家も多くあります。

ところで、日本に初めて来たという外国人を空港からそのまま家に連れて行くと、たいてい彼らは靴をはいたまま玄関を上がります。それはそれはベタな吉本新喜劇を見るようですが、説明するのをウッカリ忘れる私は、いつも慌ててしまいます 😯 

Satomi

投稿日:2017年2月21日
各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業して以来、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで20年以上にわたり誠実に英語を教えて参りました。
最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP