Setsubun

2020/02/03

今日もアミックblogを訪れてくださりありがとうございます♪

春のように暖かかったり、寒い日が続いたりしていますが、今日は節分の日ですね。

節分は立春の日、昔は立春から新年が始まりました。一番寒い日と言われていますが、明日から春の始まりだとおもうとワクワクしませんか?

そんな節分の日、英語でどのように言うのかご紹介します♪

 

February 3rd is the day of Setsubun.:2月3日は節分の日です

The literal meaning of the word Setsubun is “division of the seasons,”:節分は季節を分けるという意味です

It is believed that *oni come when the seasons change in Japan.

日本では季節の変わり目は鬼がやってくると言われています

There are many rituals to exorcise these oni.:鬼を追い払うためのさまざまな儀式などがあります

Throwing roasted soybeans was first practiced back in the Heian period, to stop oni from attacking villages by throwing beans at their eyes.

豆まきは平安時代に鞍馬山の鬼が都で悪さをするのを、大豆を投げて鬼の目をつぶし、災難を逃れたのが始まりです

To get rid of the oni, people scatter roasted soy beans both inside and outside of their houses.

鬼を追い払うために炒った大豆を家の中と外に撒きます

The phrase “Out with the devil! In with good fortune,” is said when throwing soybeans.

豆を蒔く時には「福はうち、鬼はそと」と掛け声をあげます

Once the beans are thrown, gather them all up and eat the same number of beans as your age. Eat one extra to keep you from sickness and stay healthy for the whole year.

撒いた豆を拾い、歳の数よりひとつ多く食べるとその年の1年風邪をひかず、健康でいることができます。

ぜひ使ってみてくださいね!

英会話・プログラミング・塾・英語学童

お問い合わせ・無料体験レッスンはこちらまで

http://www.enjoy-amic.com/trial/

各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業して以来、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで20年以上にわたり誠実に英語を教えて参りました。
最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP