英会話・英語 アミック Spring event in the U.K.

2017/04/01

The practice of Wife Carrying – a race hosted annually in The Nower, Dorking, in which men carry their partner along a hilly 380m course – has a significantly less jovial history than the modern event suggests.
Dating back to the Viking invasion of 793 AD, the race evolved out of the Nordics’ rampage, in which a monastery was destroyed and local women were carried off against their will. It was only in 2008 that the tradition was revived in the UK – albeit with a whole new, 21st century set of rules (principally that women participate willingly).
The conditions of competing?
Wives must weigh at least 50kg – and those lacking in kilos must make up the weight in the equivalent of baked bean cans – and must wear a helmet; and competitors must complete the course (beset by hay-bale hurdles and the occasional cold-water hazard).
The prizes?
£100 and a barrel of Pilgrim ale for the winning couple, who will go on to participate in the world championships in Finland; a pound of sausage for the carrier of the heaviest wife, and mini-kegs for the runners up. The losers can look forward to receiving a ceremonial tin of dog food and a Pot Noodle.

各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業して以来、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで20年以上にわたり誠実に英語を教えて参りました。
最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP