Japan’s Greatest Ice Hockey Player (That Never Existed) – 英会話・英語 アミック

2018/10/19

One of my favorite sports stories comes from the 1974 National Hockey League player draft. 

Back then, the player selection process was painfully slow and done via telephone. As a tongue-in-cheek protest to this, Buffalo Sabres general manager Punch Imlach and PR director Paul Wieland decided to use their 11th round pick on an entirely fictitious player.

That “player” was Taro Tsujimoto, so-named for a Tsujimoto grocery store just outside Buffalo. According to the Sabres, Tsujimoto was the star of the Japanese Hockey League’s Tokyo Katanas. While the JHL was a real league, there was no team in Tokyo at that time, with katanas being a subtle-sword nod to sabres. With no way to confirm his actual existence, the mystery pick was made official and Taro’s name appeared in newspapers and league publications.

When training camp rolled around that fall, Imlach finally revealed that the pick was a hoax. The official record now shows that the Sabres made an ‘invalid claim’ or no selection at all with their pick.

Even still, Taro continues to live on today: a local sports column goes by the name ‘Taro says…’, fans sometimes chant ‘We Want Taro’ when the Sabres are winning big, and occasionally you can see a Tsujimoto jersey in the stands at the KeyBank Center. 

 

 

各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業して以来、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで20年以上にわたり誠実に英語を教えて参りました。
最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP