What would make a good mascot?

2017/03/01

What would make a good mascot?

Tokyo Olympics is still three years away, but organizers have finally chosen Dragonball Z, Son Goku, as the official ambassador for the summer event. Applications for designing the mascot for the 2020 games is open to the public which I think is a great idea. So, what would make a good mascot? If I had to design a mascot, it would be a mix of something old and something new – Ninja Robot.

Something old- the ninja. They are popular and easily recognized because of their cool traditional outfits. The jobs of the ninja in the past were not always noble, but their level of skill and training are qualities that I have admired since I was a child. Growing up, I loved watching Teenage Mutant Ninja Turtles.

Something new- the robot. Japan’s robotics industry is well known throughout the globe and is another reason why I think it’d make a popular mascot. Robots are very much part of our everyday life. Most people can recognize Asimo the humanoid robot who has made public appearances around the world. And who could forget Astro Boy, the hero android. Very cool, indeed!

What if you had to hand in a mascot design for Tokyo Olympics? What would it be?

各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業して以来、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで20年以上にわたり誠実に英語を教えて参りました。
最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP