【TOEICリーディング対策】公式問題集を使ってPart 7対策

2017/04/10

みなさま、こんにちは!
いつも行くクリーニング屋さんが忙しくしているのを見て
「春が来たんだなぁ。」と感じたお~じろうです(*・ω・)ノ

こんな季節の感じ方もあるんですね。
クリーニング屋さん、がんばってください><

さて、本日はTOEICリーディング対策の方法についてちょこっとお話できればと思います。

よく生徒さんから
「リスニングはできたけど、リーディングが伸びませんでした。どうしたらいいですか?」と質問されます。

現在の点数によって答えは様々ですが、
基本的に200点台(またはそれ以下)の方は単語と文法の基礎を勉強するだけでも伸びると思います。

問題は300点台(リーディングのみの点数)の方ですが、
こちらは単純に読む訓練を積んでいない方が多い気がします。

時々、「市販の問題集をたくさん買って勉強しているのだが、イマイチ点数が伸びない。」との話を聞きます。

そこで下記の質問をします。
「ちゃんと長文を最初から最後まで読んでいますか?」

返ってくる答えは大抵、下記が多いです。
「設問を読んで必要な所だけ読んでいます。」

それはテストの時(または直前期)にやったらいい話で、
普段の英語学習でやる必要はないのではないかなと思います。

ですので、お~じろうのクラスでは生徒さんには、
特にPart 7の練習の時は、時間がかかるのは構わないので、
長文を最初から最後まで読んでから設問を見て解くようにお伝えしています。

確かに答えとは関係のない所も読まなければなりません。
ですが、今回は関係なくても実際のテストでは
答えと関係のある表現やトピックが実はたくさんちりばめられています。
特に公式問題集はそのオンパレードです!

解けたら終わりではなく、長文全てを理解することを目標にしてみてください。

実はそれができるとPart 5 & 6の点数アップにもつながります。
数年前に実際のテストであったことですが、
Part 5の語彙問題で悩んでいた問題の答えがPart 7の長文に出ていたことがありました。
(すぐにPart 5に戻って答えを修正しました(;^ω^)お~じろうもまだまだですね、がんばります><)

【読む】というのは面倒に感じるかもしれませんが、実は一番力が付く方法です。
そこで、オススメなのが、公式問題集の別冊『解答・解説』を使った勉強法です。

リーディングが300点台の方だと、長文も7割程度しか理解できていないことがほとんどです。
別冊『解答・解説』にはPart 7 の長文が丸ごと載ってあるだけでなく
日本語訳やWords & Phrases、Expressionsなど【読む】うえで助けになってくれる情報が満載です。

下記は実際の使い方です。
※自信のない方は先に日本語訳を読んでおくのも手です。

①まずは英語の長文を読んでみる。

②わからない単語などは日本語訳などをヒントに確認し英文の下に書いておく。

③設問と答えの選択肢をチェックする。

④長文から答えのキーとなる箇所を蛍光ペンでマーキングする。
(これをすることで、問題とその答えの導き方の傾向がわかるようになります。

⑤余裕があれば間違えの選択肢がなぜ間違いなのかも考える。

※オプションとして主語や述語動詞をチェック(波線や下線を引いてみるなど)、
意味のカタマリごとにスラッシュを引いてみるとより文章を理解する力が付きます。

これを市販の新形式公式問題集3冊6セット分のPart7を一通りやって、
知らなかった単語や表現を復習するだけでも相当リーディングの力が付きます。

あとは普段から英語を【読む】習慣をつけることも大事です。
(これはまた別の話ですね><)

それと試験前に、すでにやったことのある模試で構いませんので、
試験形式通りに1度は練習しておくと良いです。(時間もしっかり計りましょう(*・ω・)ノ)

TOEIC本番は時間との闘いになります。
タイムスケジュールも大切になってきます。
(それもまた別の機会にお話できればと思います(*・ω・)ノ)

なかなか独学ではリーディングの勉強が進まないという方は、
ぜひアミックの無料体験を受けてみてくださいね!

それではみなさまHave a nice day!!

各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業して以来、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで20年以上にわたり誠実に英語を教えて参りました。
最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP