【英作文対策に使えるテキスト】Barron’s Writing for the TOEFL iBT 

2017/04/03

みなさま、こんにちは!

教えている生徒さんが問題を解けたとき、自分の事のように喜んでしまい、

子どもたちに若干ひかれてしまったお~じろうです(*・ω・)ノ

 

人が成長していく姿を見るのは自分が成長するよりもずっと嬉しいものですね><

お~じろうも負けずにがんばります!

 

さて、本日のおすすめのテキスト(洋書)はBarron’s Writing for the TOEFL iBTです。

https://www.amazon.co.jp/Barrons-Writing-TOEFL-iBT-Lougheed/dp/1438074565/ref=dp_ob_image_bk

 

松山市でしたらジュンク堂5Fの英語コーナーに置いてあります。

よかったら手にとって実際にチェックしてみてくださいね。

 

この本の素晴らしい点は

  1. 5パラグラフエッセイ(英作文の基本)についてわかりやすく説明してくれている。
  2. 英作文に使える表現やTOEFLテストの評価項目をわかりやすく教えてくれている。
  3. 185の基本的なトピック全てにサンプルエッセイがついている。

 

先日、オススメの英文法書として【Grammar in Use】を紹介いたしました。

【英会話に使えるオススメ英文法書】Grammar in Use

 

英語で英語を勉強する楽しさが味わえるテキストとして

Grammar in Useの後にBarron’s Writing for the TOEFL iBTにトライされてみてはいかがでしょうか?

 

使い方は

  1. エッセイライティングについて読んで学んでみる。
  2. 185のトピックについて自分で英作文してみる、または口頭英作文してみる。
  3. サンプルエッセイを読んで使えそうなネタや表現を自分のエッセイで使ってみる。

 

英語圏での英作文といえば5パラグラフ(段落)エッセイ(小論文)が基本中の基本となります。

お~じろうも留学して初めの2学期間はひたすらエッセイを書きました(or 書かされた?)(;^ω^)

英語圏の人達の基本となる考え方を理解する意味でもとっても良い機会でした。

 

その後、Barron’s Writing for the TOEFL iBTの事を知ったのですが、

まさに教わったことがそのまま書いてあり、しかもサンプルも豊富にあるため、

best buyなテキストだと感じています(*・ω・)ノ

 

英検も6月から3級・準2級にも英作文が追加されます。

英検・TOEIC スピーキング/ライティング・TOEFL iBT・IELTS・国連英検・ケンブリッジ英検・もちろん大学受験でも5パラグラフエッセイの書き方は使えます。

 

ぜひ、ライティングに興味を持った方は

Barron’s Writing for the TOEFL iBTをチェックしてみてくださいね(*・ω・)ノ

 

そして自分の書いたエッセイをチェックしてもらいたい、

または口頭で発表してみたいと思ったら、アミックの無料体験レッスンにお越しください!!

 

それではみなさまHave a nice day!!

各校のお問い合わせ
お問い合わせ

愛媛県・松山市・東温市で最大規模の英会話スクール、アミック・イングリッシュセンター

アミック・イングリッシュセンターは、1998年に愛媛県重信町(現東温市)で英会話スクールとして創業して以来、愛媛県松山市と東温市を中心に、これまで20年以上にわたり誠実に英語を教えて参りました。
最近のグローバル化に伴い、英会話スクールの必要性はますます増加しております。特に、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能をバランスよく持つ人材が必要とされており、英検など4技能対応型の試験への期待も高まっております。小学校の英語必修化や資格試験を重視する大学入試の大幅な変更もすぐそこに迫って来ている中、 アミック・イングリッシュセンターとしては、英検やTOEICの対策にも力を入れており、優秀な外国人及び日本人講師を積極的に採用しております。

特にお伝えしたいアミック・イングリッシュセンターの魅力は、「英語を教える外国人講師及び日本人講師が極めて優秀である」「英語教授法により、効果的に英語力を向上させるカリキュラムが組まれている」「初心者にも優しく、かつ通訳という高い英語力が必要な指導も可能な英会話スクールである」という点です。

TOEICの点がなかなか伸びない、英検を取りたい、更に英語力を伸ばしたい、通訳者になりたい、これから英語を始めるので正しい勉強法を知りたいという方は、ぜひアミック・イングリッシュセンターにお越しください!

PAGE TOP